ごいしはまぐり

ノベルゲーム制作サークル「ごいしはまぐり」紹介の他、映画紹介やティラノスクリプト等、メンバーの記事を寄せ集めています。

ティラノスクリプト

ティラノスクリプト備忘録3 変数と出力

投稿日:2019年5月5日 更新日:

ティラノスクリプト備忘録第3弾は「変数と出力」です。

変数があれば、ステータス的なのが作れたり、プレイヤーの選択による分岐以外の分岐が作れたりといいことだらけ。

変数は小難しいところもありますが食わず嫌いをしないで触れてみると、とても便利だと気付かされます。私自身がそうでした(^^;)。

初心者でも分かるように変数の扱い方と出力について記録しておきます。

変数とは

変数とは「入れ物」のようなものだとよく言われます。
例えば「i」という変数があって、iに10を代入するとします 。
これは「i=10」というように表現できます 。
iを出力すると10が出力されます。
その後で、「i=20」とした後で、iを出力すると20が出力されます。

ティラノスクリプトには「システム変数」、「ゲーム変数」、「一時変数」があり、それぞれ保存される段階が異なります。
詳しくはティラノスクリプト公式サイトをご参照下さい。

ティラノスクリプトへ実装する

ティラノスクリプト上で変数の代入と出力する方法は以下の通りです。

[eval exp="f.hensu = 1000"] 
[emb exp=f.hensu][p]


上の例だと、1行目でセーブデータ毎に保存されるゲーム変数である「f.hensu」に1000を代入しています。
2行目、[emb exp=f.hensu]で文字として変数を出力した後ページ送り待ちをしています。

出力だけでなく、Ifで分岐を作ったり、プレイヤーに名前を入力してもらって、それをゲーム内で使用したり、乱数を代入したり利用の仕方は沢山あります。

変数と乱数、Ifによる分岐や入力については次回以降ご説明します。

それではまた!

ごいしはまぐりではブラウザでプレイできるノベルゲームも制作しております。
作品一覧はこちらです。

  
皆さまの応援が励みになります。アクセスアップのためクリックして頂けると幸いですm(_ _)m

-ティラノスクリプト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ティラノスクリプト備忘録9 セーブスロット数の変更

ティラノスクリプトのセーブスロットの数をデフォルトから減らしたり多くしたりしたいことはあるのではないでしょうか。特に長編で分岐が沢山ある作品の場合はセーブスロットが沢山ほしい!なんてプレイヤーもいらっ …

ティラノスクリプト備忘録4 JavaScriptで乱数

ティラノスクリプト備忘録第4弾は「乱数」。サイコロとか、ダメージ計算、その他色々な運要素を盛り込んだゲームには必須といっても過言ではありません。今回はJavaScriptを使って整数の乱数を発生させま …

ティラノスクリプト備忘録42
ボイス再生マクロ

 前回に引き続き今回も実用的なマクロを紹介します。 紹介するのは「ボイス再生のためのマクロ」です。 ボイスはただ[playse]タグを使うのではなく、いろいろなタグを組み合わせてようやく実用的なものに …

ティラノスクリプト備忘録23
クリッカブルタグ

 脱出ゲーム等で使われるクリッカブルタグを今まで使ったことがなかったので、実際に動作させてタグの仕様について覚え書きします。 クリッカブルとはクリック出来る領域を設定して動作させるタグです。パラメータ …

ティラノスクリプト備忘録40
マクロに値を渡す

 今回はティラノスクリプト[macro]タグで変数を渡す方法についてご説明します。 [macro]タグは繰り返し同じようなタグの組み合わせを使用しているときに使うとコードが短くすることが出来るので制作 …

アーカイブ