ごいしはまぐり

ノベルゲーム制作サークル「ごいしはまぐり」紹介の他、映画紹介やティラノスクリプト等、メンバーの記事を寄せ集めています。

ティラノスクリプト

ティラノスクリプト備忘録4 JavaScriptで乱数

投稿日:2019年5月7日 更新日:

ティラノスクリプト備忘録第4弾は「乱数」。
サイコロとか、ダメージ計算、その他色々な運要素を盛り込んだゲームには必須といっても過言ではありません。

今回はJavaScriptを使って整数の乱数を発生させます。
以下は1~10の乱数を発生させるコードです。

[iscript]
tf.rdm = Math.floor(Math.random() * 10)+1
[endscript]


はい。これだけです。

[iscript]と[endscript]で挟んでJavaScriptであることを宣言します。

Math.random()で0~1未満の数値を発生させて、10をかけることで0~10未満の数字ができます。Math.floorで小数点以下を切り捨てると0~9の整数が出来ます。これに1を加えることで1~10の整数を作り、tf.rdmに入れます。

RPGのダメージ計算などで使える「乱数の範囲」を作る場合は

[iscript]
tf.rdm = Math.floor( Math.random() * 6) + 2
[endscript]


これで0~5の乱数に+2をすることで最低2、最高7の乱数が発生します。

単純なコードですが、ティラノスクリプトに組み込んで、運要素のあるゲームを作っちゃいましょう♪

それではまた!

ごいしはまぐりではブラウザでプレイできるノベルゲームも制作しております。
作品一覧はこちらです。

  
皆さまの応援が励みになります。アクセスアップのためクリックして頂けると幸いですm(_ _)m

-ティラノスクリプト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ティラノスクリプト備忘録5 変数によるIf分岐

ティラノスクリプト備忘録第5弾は「変数によるIf分岐」の作り方です。ボタン以外の分岐があると、ゲームとしての奥深さを表現出来たりしそうですね。ティラノスクリプト備忘録3では変数の出力について、 ティラ …

ティラノスクリプト備忘録3 変数と出力

ティラノスクリプト備忘録第3弾は「変数と出力」です。変数があれば、ステータス的なのが作れたり、プレイヤーの選択による分岐以外の分岐が作れたりといいことだらけ。変数は小難しいところもありますが食わず嫌い …

ティラノスクリプト備忘録32
[er][cm]タグ

 こんにちは!今回は[er]タグと[cm]タグについて動画付きでご説明します。[er]タグは現在操作対象(current)のメッセージレイヤの文字を消去します。[cm]タグは全てのメッセージレイヤの文 …

ティラノスクリプト備忘録19
タイマー JavaScript

 今回はJavaScriptを使ってタイマーを作ってみます! タイマー動画 JavaScriptテスト開始[p] [iscript] timer=500; setTimer=function(){ t …

ティラノスクリプト備忘録9 セーブスロット数の変更

ティラノスクリプトのセーブスロットの数をデフォルトから減らしたり多くしたりしたいことはあるのではないでしょうか。特に長編で分岐が沢山ある作品の場合はセーブスロットが沢山ほしい!なんてプレイヤーもいらっ …