ごいしはまぐり

ノベルゲーム制作サークル「ごいしはまぐり」紹介の他、映画紹介やティラノスクリプト等、メンバーの記事を寄せ集めています。

その他

リモートデスクトップの設定について(RDP編)

投稿日:


 こんにちは!前回は外出先から電源をONにする方法でしたが、今回は外出さきから実際にRDP(リモートデスクトップ)をする方法についてです。

 まず、ホスト側(操作される側)OSですが、「Windows10 Pro」を使用してください。

 Home版では出来ないこともないのですが、ここでは触れません…。ええ…。

ホスト(操作されるPC)の設定


 まずはホスト側の基本的な設定から。

 コントロールパネル→システムとセキュリティ→リモートアクセスの許可

 「システムのプロパティ」の「リモート」タグが開いている状態になります。

 リモートデスクトップ欄の「このコンピューターへのリモート接続を許可する」にチェックを入れます。

 使用するユーザーを限定する場合は更にユーザーの選択に進んで下さい。

 以上でホストPCの設定は終了です。

 更にリモートするポート番号を変更する場合はこちらを参照。

ルータの設定


 外部から接続する場合はグローバルIPアドレスを使って接続するのですが、自宅で使用する場合はグローバルIPアドレスはルータまでしか届かず、その先のPCまで行きつきません。

 そのため、ルータの設定でルータから操作されるPCまでの転送設定をします。

 ルータの設定画面で、ポートマッピング設定(PPP)をします。設定名の呼び方はルータそれぞれ異なります。NEC Atermではだいたいこの名称です。

 LAN側ホストに操作するPCのIPアドレス(192.168.から始まるアドレス)、プロトコルにTCP、ポート番号はデフォルトでは3389です。

 上記リンク先のように番号を変更した場合は変更した番号を入力して下さい。


 以上でルータの設定は終了です。


 あとは、クライアント側でリモートデスクトップを起動してください。

 IPアドレスはホスト側のグローバルIPアドレス、IPアドレスのあとに「;ポート番号」を入れます。


 これで、電源オンから外出先からリモートデスクトップが出来るはずです。

 パソコン、スマホさえあればどこでもゲーム開発できますね!!


 それではまた!

ごいしはまぐりではブラウザでプレイできるノベルゲームも制作しております。
作品一覧はこちらです。

  
皆さまの応援が励みになります。アクセスアップのためクリックして頂けると幸いですm(_ _)m

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リモートデスクトップの設定について(WOL編)

 外出先でもPCで何かしらの作業を進めるのにリモートデスクトップはお勧めしたいです。必要な作業は「Wake On Lan」のための設定とリモートデスクトップのための設定です。 ひっかかったポイントを中 …

開発PC CPU交換記録

 こんにちは!ぽんかです。 この度、CPUをcore i3 2120からcore i7 2600Sに交換したので記録を残したいと思います。 …え、サークル活動に関係ない?いえいえ、パソコンが無ければゲ …